佐賀玄海漬本舗 | 惣菜・食材・その他 |

  • スピード検索

    各地のお店・商品を
    キーワード入力で探す

    • 都道府県で探す(各地トップページへ移動します)

      エリア選択:

    • お店を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

    • 商品を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

【惣菜・食材・その他】

玄海漬本舗

☎0120-73-3804

営業時間/08:00〜 18:00

名店情報

店 舗

玄海漬本舗

種 類

惣菜・食材・その他

住 所

佐賀県唐津市佐志中通 4065

電 話

0120-73-3804

営 業

08:00〜 18:00

店休日

土(不定休)日曜祝祭日

当店いちおし商品

玄海漬

発送可

648円~

唐津が世界に誇る珍味古来より、鯨の頭部の軟骨を精製し、京都伏見の銘酒粕を使用...

所在地

お店リンク(URL)

玄海漬本舗 の ご紹介
玄海漬の創業は、玄海灘で盛んに捕鯨が行われた明治の中頃で、前浜から水揚げされる新鮮な魚介類の調味加工と鯨の加工から始まりました。特に鯨の頭部にある「かぶら骨」を精製し調味した軟骨漬で、調味粕は、京都伏見灘の銘酒粕を使用しています。

この軟骨漬けは「玄海漬」と命名され(株)玄海漬の自慢の商品となっています。しかし捕鯨が厳しくなってから鯨の製品はストック分や研究用の鯨から製造されるだけとなっています。

鯨の回遊路になっていた玄界灘海域の佐賀県唐津市一帯は、かつて捕鯨基地で江戸時代初期から昭和二十年代まで捕鯨が行われていました。鯨はちゃんと捌けば一切捨てるところは無いと言われております。当時、捕獲したばかりの鯨の軟骨は醤油漬や塩漬にして食べられていました。しかし明治の中頃に創業者高田庄太郎氏が鯨の軟骨を調味した酒粕の中に細かく切って漬け込んだところ酒肴やご飯のおかずとして大好評。こうして現在の玄海漬が生まれました。

今では商業捕鯨が禁止されていますので国際捕鯨取締条約に基ずいて(財)日本捕鯨研究所が南氷洋と北西太平洋で実施していますミンク鯨などの鯨捕獲調査の副産物として製造・販売しております。こうした状況の中、他にも山海の珍味を製造販売しております。現6代目社長のもと引き継がれた伝統の味を大切にしたこだわりの逸品を作り続けていきます。
玄海漬本舗の商品

(税込表示)

Copyright © 全国名店店ばんざい. All Rights Reserved.