香川広瀬醤油 | 調味料・その他 |

  • スピード検索

    各地のお店・商品を
    キーワード入力で探す

    • 都道府県で探す(各地トップページへ移動します)

      エリア選択:

    • お店を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

    • 商品を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

【調味料・その他】

広瀬醤油

☎087-885-1767

営業時間/09:00〜 18:00

名店情報

店 舗

広瀬醤油

種 類

調味料・その他

住 所

香川県高松市一宮町1819-3

電 話

087-885-1767

営 業

09:00〜 18:00

店休日

日祝日

当店いちおし商品

百年の味

発送可

268円~

丸大豆を使用したしょうゆ本来の香り、コク、旨味を活かしたこいくちしょうゆです。

所在地

お店リンク(URL)

広瀬醤油 の ご紹介
明治29年創業。
麹づくりから始まる一貫生産が自慢で、特徴は杉桶での「もろみの発酵」。一宮に蔵をかまえ、醤油桶に1~2年、じっくり寝かせて手づくりの本来の旨味を創り続けております。
蔵には、自然発酵に重要な役割をはたす、麹菌が百年の時を刻み、まろやかなおいしさを育てます。

百年の味は丸大豆を使用したしょうゆ本来の香り、コク、旨味を活かしたこいくちしょうゆです。

広瀬醤油の商品は、手間ひまをかけて昔ながらの作り方で作られた天然醸造醤油です。その天然醸造醤油に味付けをするのは買ってくれる地元の人のため。やはり味付けされて味が整った醤油の方が使い易く、好まれています。小さいながらも地元に密着した気概のあるお醤油屋です。
こだわり製法
初めて醤油が中国より伝えられたのは平安時代。当時は貴重な調味料でした。広瀬醤油の歴史は百年。一宮に蔵をかまえ、醤油桶に1~2年、じっくり寝かせて手づくりの本来の旨味を創り続けております。蔵には、自然発酵に重要な役割をはたす、麹菌が百年の時を刻み、まろやかなおいしさを育てます。

一、大豆を蒸す
高温高圧で大豆を蒸します。大豆のたんぱく質が変化して、麹菌の酵素が働きやすくなります。

二、製麹室
ここでしょうゆの素となる麹をつくります。

三、醤油麹を造る
種麹を加えて温度30℃、100%近い湿度の麹室で45時間かけて麹を作ります。

四、仕込み・発酵・熟成
食塩水と麹を混ぜて、樽の中でじっくりと1~2年間かけて発酵・熟成させます。

五、圧搾
布にいれてプレス機で3日ほどかけてゆっくりと搾ります。このあと火入れをして醤油ができあがります。

六、完成
できあがったしょうゆの色や味を検査し、容器につめて完成です。
広瀬醤油の商品

(税込表示)

Copyright © 全国名店店ばんざい. All Rights Reserved.