大阪箕面ビール | ビール・地ビール・その他 |

  • スピード検索

    各地のお店・商品を
    キーワード入力で探す

    • 都道府県で探す(各地トップページへ移動します)

      エリア選択:

    • お店を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

    • 商品を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

【ビール・地ビール・その他】

箕面ビール

☎072-725-7234

営業時間/10:00〜 18:00

名店情報

店 舗

箕面ビール

種 類

ビール・地ビール・その他

住 所

大阪府箕面市牧落3-19-11

電 話

072-725-7234

営 業

10:00〜 18:00

店休日

木曜日(年末年始は不定休)

当店いちおし商品

箕面ビール・W-IPA

発送可

594円

原料を贅沢に使用した、9%のストロングエールです。通常の2.5倍のモルトとホップ...

所在地

お店リンク(URL)

箕面ビール の ご紹介
大阪府の北部、北摂と呼ばれる地域に位置する箕面市は、自然の宝庫で観光名所も数多くある魅力にあふれた街です。

「日本の滝百選」にも選ばれている箕面大滝や、秋に多くの人々を魅了する紅葉などが特に有名で、それらを抱える「明治の森 箕面国定公園」のほど近くで箕面ビールは造られています。

また箕面は野生のお猿も有名で、ちょっとやんちゃなお猿たちが箕面を訪れた人々を歓迎してくれます。

そんな豊かな自然の中で育まれた箕面ビールは、すべてのビールが無ろ過・非熱処理ビールとなっております。酵母をろ過せずにそのまま瓶詰めすることで、より豊かな味わいが得られるだけでなく、健康・美容面でも優れたビールが生まれるのです。

どうぞ「本来のビール」をお楽しみ下さいませ。
箕面ビールのおいしさへの取り組み
リアルエールについて
=樽のなかで熟成を終える新鮮な香りと味わい=
通常のビールは醸造所のタンク内で熟成されるのですが、「リアルエール」の場合その製法もサービングも通常のビールと違います。厳選された原料から造られたエールビールを、通常のビールは一次発酵が終わると貯蔵用のタンクに移され熟成が行われるのですが、リアルエールの場合一次発酵後、タンクではなく最終的に消費者に提供される樽(ケグ)に移し樽の中で炭酸ガスを抜きながら二次発酵に伴う熟成を行います。もちろんろ過や熱処理は一切行なわれていません。

=ハンドポンプでおいしさを仕上げます=
樽からのサービングも大きく違います。イギリスの伝統的なパブでは、熟成を終えた「リアルエール」はセラーマン(パブのオーナー等)によって、頃合いを見ながらお客様に提供されます。
それも普通のサーバーではなく、ハンドポンプと呼ばれる伝統的なサーバーによって注がれます。ハンドポンプは電気や炭酸ガスに頼らずに、井戸を汲み上げる要領で人の力のみで注がれます。注がれた「リアルエール」の泡はとってもクリーミーで、炭酸ガスの刺激のない分ダイレクトに伝わってくるビールの味と香り。このスムーズな喉越しと口当たりは、今までには味わったことのない新しい感覚に出会えます。
今までのビールとはまったく違った「リアルエール」は、またの名を「LiveBeer」とも呼ばれます。
その香りと味は新鮮だからこそなせる技。

=リアルエールで乾杯=
日本ではまだまだ珍しいリアルエールですが、日本の地ビールメーカーが少しずつ力を入れて、このリアルエールを広めようと頑張っています。弊社もそのメーカーの1社です。
通常のビールとは違い、樽の温度や状態の管理など少し手間がかかりますが、その分リアルエールは飲む方に味はもちろん目でも不思議な楽しさを与えてくれます。
箕面ビールができるまで
美味しいビールは手間ひまかけて出来上がります。
箕面ビールが実際にどのような工程を経て生まれてくるのかご説明いたします。

1)麦芽の粉砕
原料となる麦芽をグラインダーで粉砕して、でんぷん質が糖化しやすい状態にします。もちろん原料は全て厳選されたものを採用。品質の劣化を防ぐために、仕込み当日に必要な分だけ毎回計量して粉砕します。数種類の麦芽をブレンドすることでビールの基となる味が決まる大事な作業です。

2)麦芽の糖化
粉砕された麦芽とお湯を混ぜて、粥状の麦汁をつくります。お湯の温度はその日の気温なども考慮しながら微妙に調整し、デンプン質を分解する麦芽酵素が働きやすい環境をつくります。

3)スパージング
熱湯のシャワーを上から散布し、麦芽が含むエキス分をじっくりと抽出します。この際に麦の殻が天然のフィルターの役割となり、エキス分を余さず抽出した液体のみを次の煮沸タンクに送ります。

4)煮沸
約100℃で麦汁を煮沸することで、ビールの濁りを形成するたんぱく質とポリフェノールを凝集させます。また、ビールに香りと苦味を添えるホップもここで投入。ホップの種類や量、投入のタイミングによってビールの味と苦味の強さが変わるので、箕面ビールの味わいを決める重要なポイントです。

5)ワールプール
煮沸によって凝集したたん白質やホップかすなどを、ワールプールと呼ばれる遠心分離により沈殿させて取り除きます。その後100℃近くある麦汁を、酵母が働きやすい温度まで一気に冷却して発酵タンクに送ります。

6)発 酵
冷却された麦汁にビール酵母を加えて、酵母の活動に最適な温度で約1週間~10日間発酵させます。新鮮な酵母を加えることで、麦汁中の糖分がアルコールと二酸化炭素に分解されて、箕面ビールの原型が出来上がります。発酵中も数値の計測だけでなく目・鼻・舌で毎日ビールの状態を確認します。

7)熟 成
主発酵を終えた若ビールを貯酒タンクに移し、低温下で数週間じっくりと熟成させます。そうすることで、活発に活動していた酵母が沈降してクリアなビールになるとともに、まろやかで深みのある味わいを持つビールへと変身していきます。

8)瓶詰め・樽詰め
熟成を終えたビールは、最終チェックを経てから丁寧に瓶詰め・樽詰めされます。保存管理や流通のために酵母をろ過する一般的なビールとは違い、酵母も無ろ過で瓶詰め・樽詰めを行うため、美味しさと栄養がたっぷり詰まった「本来のビール」がお楽しみいただけます。

9)出 荷
瓶詰めされたビール一本一本に手作業でラベルを貼っていき、ようやく箕面ビールの完成です。酵母無ろ過のため、もちろん配送も冷蔵にてお届けいたします。瓶詰め後すぐに出荷するため、いつでも出来たて新鮮な箕面ビールをお楽しみいただけます。
メッセージ
箕面ビールは、少量生産のクラフトビールです。箕面には国定公園があり、水が綺麗で環境もよいということで、父がこの地を選び工場を立ち上げました。

私たちが目指しているビールは、お土産感覚のものではなく、毎日飲める親しみやすいデイリービールです。出来たてで新鮮なものを、できるだけお求めやすい価格でお届けしています。

旧来、ビールはラガービールが一般的とされてきましたが、私たちは少量生産ならではのメリットを活かし、ヴァイツェンやスタウト、ペールエールといったより多くのビールをお楽しみいただきたい、さらにはビールの新しい美味しさや可能性をお伝えしたい。そんな思いで毎日ビール造りに励んでいます。定期的に、箕面の特産物である柚子や山椒、あるいは全国から取り寄せた果実などを使い、季節限定の創作ビール造りにも取り組んできました。

その一方で、地域の農家の皆様との協働や、お客様との交流も私たちが大切にしていることの1つです。ビールを搾ったあとの麦芽の残留物は栄養価が高く、飼料や肥料として地元の農家の方々に引き取っていただき、ご高評をいただいています。

今後とも美味しいビールを造って参りますので、箕面ビールを宜しくお願い申し上げます。
お店からのお知らせ

2015年12月08日

箕面ビール季節限定、おなじみ「ゆずホ和イト12/7(月)販売開始!

箕面ビール季節限定、おなじみ「ゆずホ和イト」!「ビールのオリンピック」とも言われる「WorldBeerCup2012」にて世界金賞受賞の、箕面発世界一のビールです。和食にもぴったりの、柚子がやさしく香るビールです。数量限定販売となりますので、...

2015年09月12日

桃ヴァイツェン9/15(火)10時より発売再開です

日頃より箕面ビールをご愛顧を賜わり、厚くお礼申し上げます。次回販売は9月15日火曜日、午前10時となりました。オンラインショップ、店頭販売ともに10時より発売再開致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。大変恐れ入りますがご予約はお受け...

箕面ビールの商品

(税込表示)

Copyright © 全国名店店ばんざい. All Rights Reserved.