奈良魚 万 | 惣菜・食材・魚介類・シーフード・その他 |

  • スピード検索

    各地のお店・商品を
    キーワード入力で探す

    • 都道府県で探す(各地トップページへ移動します)

      エリア選択:

    • お店を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

    • 商品を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

【惣菜・食材・魚介類・シーフード・その他】

魚 万

☎0742-22-3709

営業時間/09:00〜 19:30

名店情報

店 舗

魚 万

種 類

惣菜・食材・魚介類・シーフード・その他

住 所

奈良市餅飯殿町16

電 話

0742-22-3709

営 業

09:00〜 19:30

店休日

不定休

当店いちおし商品

さつま揚げ「月曜から夜ふかし」セット(B)

発送可

3,067円~

人気番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ)出演記念!期間限定のさつま揚げセッ...

所在地

お店リンク(URL)

魚 万 の ご紹介
「魚万」は、1901年の秋、かまぼこ専門店として奈良・餅飯殿に開店いたしました。本家の料亭からの思い切った転身。創業者・魚谷芳松は、冷蔵庫もトラックもない時代、海のない奈良の地で、魚の栄養分や持ち味を大切にした商品を提供したいという熱い思いを抱いていたと伝え聞きます。

貴重な魚の命の恵みを、そのまま頂くだけでなく、練り製品として形や味を変えることで、皆様に幅広くご提供する。この「魚の命を移し替える」ことこそ、練り物作りの原点と自覚しております。

おかげさまで魚万は、奈良の老舗店として地元の皆様に身近に親しまれ、県外の方々からもご愛顧いただいております。そんな魚万のさつま揚げ天の美味しさを、伝統を、より多くの方々にお伝えしてゆきたい。そのために私が旨としているのは、「知産知消」の精神です。

よく知っている店が作った(知産)間違いのない物を、大切な知人に食べてもらう(知消)。そうした、人と人との真心あるつながりの中で、皆様の期待を裏切らない、いつも美味しく美しい商品を作り続けていくことが、我々の任務と思っております。
さらに魚万をご縁として、お客様が「古都・奈良」という素晴らしい地の存在を知り、足を運ばれることになれば、これ以上の喜びはありません。

今後とも、魚万の味とこだわりを守りながら、新しい歴史を積み上げてゆくべく精進して参ります。一層のご愛顧を、どうぞよろしくお願い申し上げます。
魚万が大切にしていること
<素材>
魚はもちろん、野菜などの副材料も、新鮮で、かつ練り物に合う素材を厳選しております。

<手作り>
一手間、二手間かけながら、最後まで手作りで仕上げていくのが、魚万の味を守る上で最も大切です。

<出来たて>
練り物が一番美味しい、「出来たて・揚げたて」を食べていただけるよう取り組んでおります。
素材の鮮度の良さから、製造後3~4日(要冷蔵)は生食していただけます。もちろん保存料は不使用です。
地元の皆様に愛されてこそ
おかげさまで魚万は、奈良の身近な「揚げもん屋」として皆様に親しまれ、温かいご支持を頂いています。

観光がてらのご来店とは違い、近所のご家族が来てくださっているのは、当店の商品が、地元の良き味として皆様の食卓にしっかり根付いていればこそと喜ばずにおれません。

「魚万さんの天ぷらでないと、家族も食べてくれないのよ~」そんな嬉しいお声を下さる、ファンの方々の支えがあってこそ、魚万は110年以上の長きにわたり、この奈良の地で営業させていただいています。

そして顔馴染みのお客様が、ちょっとした手土産として買って行かれ、お中元やお歳暮に使われるようになる。こういった広がりが、非常に大切だと思っております。
美味しく食べていただく努力
私たち魚万は、スーパーや小売店と違い、自ら製品を作り、販売しています。その品質や素材への責任はもちろん、「いかに美味しく食べていただくか」の努力工夫を惜しみません。

さつま揚げが一番美味しいのは、何と言っても「出来たて」。そこで魚万では、店頭にフライヤーを設置し、揚げたて・アツアツでお出ししています。食味と共に、見た目にも「美味しそう!」を感じていただくためのものです。

またお客様には、そのまま食べるだけでなく、どう調理したら美味しいか、食べるのに良い頃合いはあるのか、といったことまでアドバイスさせていただきます。

私たちは、専門店としての自覚と責任の上に立った、心尽くしのおもてなしが信条です。
奈良の魅力を感じられる店に
奈良市の中心市街地の一つ「ならまち」は、観光スポットとして有名で、魚万のある「もちいどのセンター街」も、そのメインロードにあたります。そこで魚万では、観光客の方々を意識した店舗作りや商品展開を、積極的に進めてまいりました。

中でも、出来たてのさつま揚げを手に、町歩きを楽しめる「バターポテト」や「食いしん棒」は、幅広い人気を得ております。普段は「歩き食べ」に縁のない年配の方も、旅先では解放感に包まれ、非日常的な経験を楽しまれます。これも旅の醍醐味でしょう。

奈良の美味しい食材を味わい、奈良の魅力をもっと知って頂きたい。そして奈良観光を、より楽しく素敵なものにしていただきたい…奈良を愛する一店舗として、切なる思いです。
素材の力を引き出すために
魚万では、練り物作りのほとんどの工程を、手作業で行っています。その最も大きな理由は、素材の「力」を最大限に引き出すためです。

練り物となる、魚や野菜などの素材には「力」があります。それは単に鮮度だけではない、食材の持つ上質な部分というべきものです。

素材の力を引き出すのに大事なのは、一つの仕事を、心をこめて丹念に、手間暇をかけてゆくこと。そうして仕込んだ素材で作った揚げ物やかまぼこには、やはり力があります。見た目も美しく、色艶があり、味わい深くて…。

私たちが「手作り」にこだわり、自動化や機械化を性急に行わないのは、そうした丹精込めた手作業が、素材の命と作り手の心を商品に宿し、素晴らしい味を生み出してくれると確信しているからでもあります。
変わらない「味」を作り続ける
当店では毎日、職人たちが腕によりをかけて練り物を作ります。そんな彼らは、何か凄い匠の技を駆使しているとか、珍しいものを作っている、のではありません。

さつま揚げやかまぼこは、日々の食卓に並ぶ身近なもの。お客様はいつも変わらない美味しさを期待されています。
一方、魚種や素材の状態、気温や湿度といったものは、一年中、同じ日は一日もなく、旬の野菜でさえ、良い物も扱いにくい物もあります。

素材を吟味し、どんな環境でも安定して同じ味や形、品質のさつま揚げを仕上げ続けていくのは、一様な機械仕事では出来ません。
この「変わらない味づくり」にこそ、職人の技術や経験が凝縮されており、私たち魚万が誇る「職人技」なのです。
見極める目
練り物作りにおいてもう一つ、機械でなく人の力が必要なものは「目」です。さらに言えば、素材を見る「目」と、仕上がった商品の出来栄えを見る「目」です。

素材は、ただ鮮度が高ければ良いのではなく、練り物に「合う」か否かの見極めがポイント。さらに、商品がいつも通り美味しく出来ているかを、揚がり方や揚げ色で判断するには、技術や経験が物を言います。これも「手作り」だからできるこだわりです。

もちろん、機械が長けている工程もあります。例えば、均一な形状のかまぼこを大量に作るのは、機械の方が速くて綺麗です。機械を生かしながらも、手作りでしかできないこと、出せない味を追求し続け、今日の魚万のさつま揚げ、かまぼこがあります。
魚 万の商品

(税込表示)

Copyright © 全国名店店ばんざい. All Rights Reserved.