奈良本家菊屋 | 和菓子・その他 |

  • スピード検索

    各地のお店・商品を
    キーワード入力で探す

    • 都道府県で探す(各地トップページへ移動します)

      エリア選択:

    • お店を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

    • 商品を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

【和菓子・その他】

本家菊屋

☎0743-52-0035

営業時間/08:00〜 19:30

名店情報

店 舗

本家菊屋

種 類

和菓子・その他

住 所

奈良県大和郡山市柳1-11

電 話

0743-52-0035

営 業

08:00〜 19:30

店休日

元旦のみ

当店いちおし商品

御城之口餅

商品紹介

600円~

豊臣秀吉公が名付け親天正年間(1580年代)「鶯餅」と御銘を頂戴弊店祖菊屋治...

所在地

お店リンク(URL)

本家菊屋 の ご紹介
『本家菊屋』は、大和郡山市の市役所前にお店を構える和菓子屋。
創業四百有余年という老舗です。

本店は江戸時代末期に建てられたという建物で、商家の建築物がほぼそのままの形で使用されており、天井や戸棚を埋め尽くした干菓子の型は圧巻。古い看板などを見るだけでもタイムスリップの気分が味わえます。

〜天正十三年(1585年)〜
豊臣秀長公(太閤豊臣秀吉公の弟君)が姫路城から軍事上の要所を固める為に大和の国「郡山城」に入られた際、何処からかお連れ頂きました。

あるとき、秀吉公をもてなすお茶会に何か珍菓を作るように弊店菊屋治兵衛に命じられました。 そこに献上しましたのが、粒餡を餅で包みきな粉をまぶした1口サイズの餅菓子で、秀吉公は大層お気に召され「鶯餅」と御銘を賜りました。

時がたち、弊店が御城の大門を出て町人街の1軒目に位置しましたことから、「城の入口で売っている餅」→「城の口餅」という通称がつき、今日に至ります。

郡山に参りましたのがお茶の千利休さんの時代であります。
お茶のお家元が現在15~16代目でいらっしゃいます。 弊店主は現在26代目でありますので、郡山に移る前にまだ10代ほど何処かで商売をしていたかと思われます。
10代といえば1代が25年~30年として、まだ250年~300年はさかのぼれるかと思われます。
本家菊屋の商品

(税込表示)

Copyright © 全国名店店ばんざい. All Rights Reserved.