長崎茂木一まる香本家 | 和菓子・洋菓子・その他 |

  • スピード検索

    各地のお店・商品を
    キーワード入力で探す

    • 都道府県で探す(各地トップページへ移動します)

      エリア選択:

    • お店を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

    • 商品を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

【和菓子・洋菓子・その他】

茂木一まる香本家

☎0120-49-1052

営業時間/09:00〜 18:00

名店情報

店 舗

茂木一まる香本家

種 類

和菓子・洋菓子・その他

住 所

長崎県長崎市茂木町1805

電 話

0120-49-1052

営 業

09:00〜 18:00

店休日

毎週水曜日、元旦

当店いちおし商品

茂木ビワゼリー

発送可

324円~

長崎名産「茂木ビワ」をまるごと1個優しくゼリーで包み込んだ贅沢なデザートです。...

所在地

お店リンク(URL)

茂木一まる香本家 の ご紹介
弘化元年(1844年)初代 榎 市右衛門より、永年に渡り受け継がれ、守り続けてきた伝統と味わい。
長崎・茂木の一口香(いっこっこう)は、中国伝来の焼菓子です。
今もなお、一口食べると香ばしい味を、茂木の町で作り続けているからこそ『元祖茂木の一口香』でございます。

『旬の短い茂木びわを通年全国の皆様に味わっていただくことができたら』と、長崎県名産「茂木びわ」の産地に根付き、受け継がれてきた伝統と技と新たなる発想。

昭和59年に、六代目 榎巍(えのき たかし)の考案により『元祖茂木ビワゼリー』は誕生いたしました。発想は、今もなお止まることはありません。茂木びわを使ったお菓子は、今後も増え続けていきます。

皆様の永いご愛顧をいただき、茂木一まる香本家のお菓子は、『長崎土産の定番』『長崎県の銘菓』として大好評をいただいております。倍旧のご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

長崎・茂木の一口香(いっこっこう)は中国伝来の干菓子です。
その歴史は古く、唐の禅僧や東シナ海を航海する中国人にとって貴重な保存食として日本に渡ってきたこの品は、味、形は違えど一口香に似た菓子は現在でも全国の港町のどこかで確かに存在し受け継がれています。

弘化元年(1844年)、弊社初代・榎 市衛門(えのきいちえもん)は長い年月をかけ、ふんわりと膨れた香り高い菓子に作り上げ、一口香を食べると香ばしいことから「一口香(いっこっこう)」と名付けられ販売を始めたのが弊社創業の始まりです。
茂木一まる香本家の商品

(税込表示)

Copyright © 全国名店店ばんざい. All Rights Reserved.