広島広島海苔 | 魚介類・シーフード・その他 |

  • スピード検索

    各地のお店・商品を
    キーワード入力で探す

    • 都道府県で探す(各地トップページへ移動します)

      エリア選択:

    • お店を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

    • 商品を探す

      エリア選択:

      ジャンル:

【魚介類・シーフード・その他】

広島海苔

☎082-276-0101

営業時間/08:00〜 17:00

名店情報

店 舗

広島海苔

種 類

魚介類・シーフード・その他

住 所

広島県安芸郡海田町国信1丁目3-54

電 話

082-276-0101

営 業

08:00〜 17:00

店休日

日祝祭日

当店いちおし商品

かき醤油味付のり

発送可

486円

「広島と言えば牡蠣(かき)、かきといえば広島」と広島かきは全国的に有名です。...

所在地

お店リンク(URL)

広島海苔 の ご紹介
わたしたちは、母なる海の恩恵をわかちあうもの全てのために存在しています。一枚の海苔がみなさまの食卓にのぼるまでに、何人もの人の手を通ってきています。

そして、今でも昔ながらの伝統を維持できているのは、数えきれない人々の努力と英知のおかげといえます。わたしたちは、海苔を通して人とのつながり、海とのつながり、ひいては大自然との関係を考えずにはいられません。

「マルヒャクのり」をめしあがって「おいしい」と感じていただけたなら、それはみなさまのお手元に届くまで妥協を許さなかった母なる海の、そしてすべての職人たちの心が生きているからです。
海苔の生産に携わる一人一人が、尊い海の幸によって栄え、それをめしあがるみなさまも幸せに導くこと。これがわたしたち「共存共栄」の考え方です。

わたしたちは「マルヒャクのり」の伝統を守るために、そしてそれを子孫に伝えていくために、時代に沿った発展・成長を実現させています。
創業明治18年。
気がつくと百十有余年という歳月が過ぎていました。
江戸時代、徳川家康はいかなる季節でも活きのいい魚を食べることを好みました。
当時の人びとは天候や潮具合に関係なく新鮮な魚を納めなければならず、冷凍、冷蔵保存の技術のなかったその時代では、 生簀にとれた魚を放しておいて、その都度すくいあげる方法を考えだしました。
その生簀の囲いに利用した木の枝に、偶然についたのが海苔でした。
徳川家康の贅沢な嗜好にこたえるための人びとの工夫が、海苔の養殖のきっかけを生み出したのです。
明治18年、創業者國光百次郎は、古きよき時代の味こだわり、吟味し選りすぐった海苔を市場に届けました。
生き生きとした伝統を守りつづける、頑固なまでの味へのこだわりが、「マルヒャクのり」を育てあげてきたのです。 わたしたちは、海からの恵みを損なわないように、魂をそそぎこんで一生懸命作りつづけることだけを考えてきました。
その間百十有余年、「マルヒャクのり」はたえず人びとに愛されつづけてきました。
広島海苔の商品

(税込表示)

Copyright © 全国名店店ばんざい. All Rights Reserved.